学科紹介

口腔衛生管理のスペシャリストへ

今、歯科医療の世界は「治療」から「予防」の時代へと移り変わってきています。
そのため予防歯科、高齢者歯科、審美歯科、インプラントなど、さまざまな分野で歯科衛生士として優秀な人材が求められています。
本校ではそのような医療現場の変化とそれに伴うニーズの変化をすばやく察知し、2006年から3年制の学科として実践的な知識と技術を学べるカリキュラムを用意し、即戦力となる人材育成に取り組んでいます。

「口腔衛生管理のスペシャリスト」へ!

例えば講義授業では、大学から一流の講師陣を招き、基礎分野から専門分野までじっくり学び、さらには国家試験対策に特化した授業も用意し、歯科衛生士として必要な知識を確実に修得できる環境を整えています。
また技術面では、校内の実習授業はもちろんのこと、大学病院での6ヶ月にわたる臨床実習や歯科医院での臨床実習など、実際の医療現場で多くの時間を割いて学べる環境を用意しました。
そのため、より実践的な技術を取得することができます。
さらに少人数制ならではのメリットとして、一人ひとりに対して丁寧に指導ができ、着実に「口腔衛生管理のスペシャリスト」へと導きます。

歯科衛生士科Ⅰ部

多彩なプログラムで思いやりのある歯科衛生士を育成

実践的な臨床実習に加え、豊富なエクステンションプログラムや少人数教育を通じて思いやりの医療の基本となる“豊かな人間性”を育みます。

歯科衛生士科Ⅰ部の詳細はこちら

歯科衛生士科Ⅱ部

徹底した資格対策カリキュラムで昼間部と同じ期間でのスキル取得を実現

働きながら歯科衛生士の資格を取りたい人のために、昼間部と同じ3年間で国家試験を受験できます。夢へのチャレンジを、私たちが応援します。

歯科衛生士科Ⅱ部の詳細はこちら

履修科目

口腔衛生管理のスペシャリストを育てるため、より実践的な技術を身につけることができるカリキュラムをご用意しています。

先生の声

真の医療人として社会に羽ばたく人材に。

医療には、具体的な医療行為で肉体的な治療を施す“cure(キュア)”と、医師や看護師が患者さんを精神的な面から支え治療していく“care(ケア)”の二つの側面があります。
この二つがうまくかみ合ってこそ、はじめて「真の医療」が成り立ちます。
“cure”は技術的な進歩があれば前に進めますが、“care”は心に掛かってきます。
心から患者の“care”ができ、いつの時も「思いやりの心」を忘れない「歯科衛生士」を一人でも多く育てていきたいと思っています。

名誉校長 古山 俊介
日本大学名誉教授・医学博士

考える力を養い、興味を持って学びたくなる講義で、実践力を養います。

ただ丸暗記の勉強で学んだことは実践では役に立ちません。
自分自身で興味を持って、「なぜ?」「どうして?」と考えながら学んだことの方が身につくのも早く、忘れてしまうことも少なくなります。
講義では、私自身が理解したプロセスを学生に紹介するなど、なるべく実体験をもとに説明するよう心掛けています。

講師 藤井 彰
日本大学名誉教授

このページの先頭に戻る