講義・実習風景

知識・技術習得へ、充実の「実習」と「講義」。

歯科衛生士の主要な仕事である、「歯科診療補助」「歯科予防処置」「歯科保健指導」の知識と技術を確実に身につけるために、本校では計画的なプロセスを踏んで講義と実習を積み重ねます。

実習

1つ1つ確実に歯科衛生士の高い技術を身につける

はみがき指導実習

小学校での指導。子供たちとの触れ合いを楽しみながら指導にあたります。

ファントーム実習

人の口腔内をかたちどった模型を使って、実際の処置の模擬練習を行います。

相互実習

衛生士役、患者役、補助役を交替しながら行う「相互実習」。この実習で実践的な処置の技術を習得していきます。

臨床実習

大学病院、歯科医院などで実習を行い、実践的な知識・技術を身につけます。

先生の声

毎日の暮らしに活かせる知識も身に付きます。

「解剖学」「口腔解剖学」を担当しています。
体の構造や働きを理解することは、家族や友人が病気にかかったり介護が必要になったときにも応用できる知識です。
講義では、日常生活にも活用できる情報も付け加え、人の体について幅広い知識を持つ歯科衛生士を育成することを心がけています。

講師 中山 光子
フィンランド国立オウル大学歯学部大学院在籍

現場で実践力を、活きた情報で知識に深みを。

臨床での歯科衛生士の役割や、私がかかわっている海外の医院・大学での体験をもとにした、欧米諸国、中国、韓国など諸外国の歯科衛生士の実情と比較についてのお話や、 また、歯科界に望まれるようになった「接遇マナーの徹底」についても、当医院での取り組みも交えて指導していきます。

臨床実習指導医
岩城 正明
南カリフォルニア大学歯学部アンバサダー/中国:濱州医科大学名誉教授/いわき歯科医院院長

講義

専門分野のプロフェッショナルが講師陣

大学等から多数の講師を招き講義を行っています。
一流講師陣による丁寧な講義は、確実に理解度アップにつながります。

国家試験対策に特化した授業

3年次では国家試験対策に特化した授業を行っています。

一流講師陣による丁寧な講義

基礎分野、専門分野のほとんどの科目は、日本大学松戸歯学部の先生の講義です。実習科目は、常勤教員(歯科衛生士)と現場の歯科衛生士が教えます。

基礎から専門まで網羅した講義

1年、2年では国家試験合格だけでなく、実践に役立つための基礎から専門までを網羅した講義を行います。

本番同様の授業が受けられる

「歯科保健指導」の実習に備え、模擬発表会を実施。説明用の媒体も準備し、本番同様にすすめられます。学生みんなの表情も真剣です。

一人ひとりに応える少人数制

わからない所はとことん質問して確実に身につけていきます。

予習・復習で知識を学びに変えていく

図書室には、大学教授から寄贈された専門図書もたくさんあります。

自由に選べる選択科目講義

選択科目にはパソコン、護身術、マナー接遇などがあります。

先生の声

一人ひとり丁寧に指導します。
のびのび、あなたらしくプロを目指しましょう。

歯科衛生士は知識や技術だけでなくコミュニケーション能力や気配りも必要とされます。
専門家として求められるものは多くありますが、健康状態が改善されたときに患者さんと喜びを分かち合えるやりがいのある仕事です。
歯科衛生士への夢に向かって一緒に頑張りましょう。

教員 田口 菜穂子

失敗も挫折も、大切な学び。
安心してチャレンジしてください。

未熟さは悪い事ではなく、気付き次に繋げる事が大切。
様々な事を学び、乗り越えて、成長し、自信と強さになる。強さの中にこそ真の優しさは存在する。
一人ひとりが個性豊かで素晴らしいものを持っている。
それを存分に活かせる歯科衛生士となるよう全力でバックアップしております。

教員 渡辺 節子

このページの先頭に戻る